So-net無料ブログ作成

当主の聞き書き(5) [当主の聞き書き]



(冠婚葬祭の思い出)


 

質)冠婚葬祭で思い出すことは?

答)あまり記憶にない。

質)当主の結婚式は?

答)戦後間もなくで物資窮乏時代だったから質素に小人数で済ませた。

  金屏風を巡らし、雄蝶、雌蝶の盃ごとはあったが。

  年寄りの昔話に聞いたが、赤松の(せきしょう)の伯母が嫁ぐときだったか、その花嫁荷物の先頭が東除川の橋を越えてもまだ最後尾は屋敷内だったそうだ。

質)葬のほうは?

答)赤松の葬儀の時は、甕に入れて輿に乗せてみんなで

  墓まで送った。家の大門がこの時開いた。大門はこんな時しか開かない。


墓は東除川沿いの、むかし小山があった土地で、一人一人の墓が50ほど残っているが、今は村の墓地になっている。父や母の時はもう火葬になった。

  (続く)